【3/15】スタバでコーヒーをたのしむ新しい旅へ。#01, #02は驚きの「白いコーヒー」が登場

カフェ・ドリンク,スターバックス,新作,期間限定商品 (2018/03/14 10:03:39)

 スターバックス コーヒーは3/15より、コーヒーの魅力的で新しい世界観をお届けするために、意外性あふれる革新的なコーヒーを楽しむ新たな旅“New Starbucks coffee journey” プログラムをスタート。旅の#01, #02として「白いコーヒー体験」をお届けする2つの新商品「ムース フォーム ラテ」と「ホワイト ブリュー コーヒー & マカダミア フラペチーノ」 を、一部を除く全国のスターバックス店舗にて販売する。また、コーヒー豆「スターバックス シングルオリジンシリーズ パプアニューギニア ハイランズ」も#03として同時に登場だ。

 「ムース フォーム ラテ」は、ムース フォーム、エスプレッソ、スターバックスミルクが3層に重なり合った、見た目にも美しい「白いコーヒー」。無脂肪乳だけで作った極上濃密なムースフォームは、驚くような口当たりが特徴だ。エスプレッソのダブルショットがキャラメルのような甘く力強い味とナッツのような後味をしっかり引き出し、コーヒー好きにはたまらないビターな仕上がりになっている。トールのみワンサイズで、価格は440円。ホットは5/8までの期間限定販売。アイスはその後も継続して販売する。

 「ホワイト ブリュー コーヒー & マカダミア フラペチーノ」は、白い見た目からは想像もつかないほどコーヒーの香ばしさを感じるフラペチーノ。その秘密は、毎日店舗でコーヒー豆をミルクに漬け込んで作る「エスプレッソミルク」だ。豆をローストしたときに表面に染み出すコーヒーオイルをミルクに移すことで、コーヒーの苦みを出さず風味だけがたのしめる「白いコーヒーテイストのフラペチーノ」を実現した。エスプレッソミルクにホワイトチョコレート風味のシロップを加え、キャンディングしたマカダミアナッツを混ぜ合わせた甘い一杯に仕上がっている。トールのみワンサイズで、価格は590円。4/11までの期間限定販売。

左「ムース フォーム ラテ」、右「ホワイト ブリュー コーヒー & マカダミア フラペチーノ」

 「スターバックスシングルオリジンシリーズ パプアニューギニア ハイランズ」は、レッドパプリカのみずみずしさや甘み、フレッシュハーブを思わせる風味が特長の豆。南国を思わせる鮮やかな色合いのパッケージには、パプアニューギニアに棲息するココモという鳥と部族の頭飾りの羽根などをデザインした。赤道のすぐ南にあり、大自然の恵みに溢れ、多数の部族が暮らす、ラストフロンティアと称されるパプアニューギニアに想いを馳せながら味わいたい一杯だ。価格は、250gで1,520円。3/15〜17の3日間は、店頭でホットのドリップコーヒーを販売する。価格はショート280円〜。

「スターバックスシングルオリジンシリーズ パプアニューギニア ハイランズ」

「スターバックスシングルオリジンシリーズ パプアニューギニア ハイランズ」

 スターバックスでは日本上陸当初より特定の国や地域で生産されたシングルオリジンコーヒーを取り扱っており、現在レギュラー商品では5種類のシングルオリジンコーヒー豆を提供している。「スターバックス シングルオリジンシリーズ」は、2017年12月よりあらたに店頭で販売するシーズナルなコーヒー豆のラインアップとして加わった。その土地ならではの特有の栽培条件や収穫・加工方法に影響を受けた特長的な味わいをそのままに、遠く離れた生産地を身近に感じながら「旅をするように楽しむ」コーヒーシリーズで、今まで出会ったことがないような新しいコーヒーをたのしむことができる。

付近のスターバックスを探す


お店で選ぶ

新作履歴