レビュー:「一平ちゃんチョコソース」、おはぎ、お汁粉は主食かおやつと定義つけられる人向けのバレンタイングッズ

カップ麺・カップスープ (2017/01/09 17:01:12)

一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース。バレンタイングッズとしてより完成度が高まった。もはや、完全なおやつ。

一平ちゃん夜店の焼そば チョコソース。バレンタイングッズとしてより完成度が高まった。もはや、完全なおやつ。

 一平ちゃんチョコソースの2017年版。昨年に続き、バレンタイン商品として投入する一平ちゃん。主食としいてよりも、義理チョコ代替的な存在であるが、小売価格が180円で、しかもおなかも満たされるスイーツとして完成度は思った以上に高い。このアイテムをきちんと受け入れてもらうには、おはぎやお汁粉は主食の代替でもいい、もしくはおやつである と定義できる方のみ。風変わり焼きそばとしてとらえてしまうと、バレンタインで破局を迎えるかもしれない。

 チョコ関連アイテムとしての完成度は高い。まず、とろけるチョコのイメージをふんだんにつかったパッケージは、やきそばというよりも、チョコ。パッケージには2017年度版の特徴である謎チョコキューブをチョコソース焼きそばにふりかけている写真が目につく。謎チョコキューブは、謎肉に対抗したものと思えるが、まさに謎チョコという名前がふさわしいアイテム。カリッとしたチョコキューブが麺とは異なる歯ごたえを与えてくれる。しかも、熱を加えてもキューブの形状は保っている。バレンタインに一平ちゃんチョコソースをもらったときには、あたたかい麺にのせても溶けていかないチョコキューブを見つけて、「まさに謎チョコ」と驚いてあげよう。会話がきっとはずむはずだ。

実はバレンタインギフト。気持ちをチェックして、名前の印鑑を押せば、義理アイテム完成。180円で完了する割り切り義理チョコギフトとしても最適

実はバレンタインギフト。気持ちをチェックして、名前の印鑑を押せば、義理アイテム完成。180円で完了する割り切り義理チョコギフトとしても最適

 バレンタインの義理アイテムとしての完成度も高い。パッケージの底面には、バレンタインアイテムとして使うときのメッセージ欄が用意されている。今の気持ちをチェックして、FROM部にゴム印で名前を押しておけば、完成する。この手間いらずのところが義理グッズには最適。ちなみに、本命に使うときは…きっと、「はじめから決めてました」をチェックでしょうか。

なんと、麺がチョコレート色。照明の加減かと思って光をあててしまいました。まさかチョコ味では...

なんと、麺がチョコレート色。照明の加減かと思って光あててしまいました。まさかチョコ味では…

 バレンアイテムとしてのチェックポイントの一つは麺。お湯を注ごうとしてふたを剥がしてみると、麺がチョコレート色をしているいきなりこの色の麺を見ると、光の加減だろうかと、しっかりと蛍光灯の下で眺めてみたが、やはり茶色味がかっている。まさかチョコレート味では…と想像してしまうほど、細部にもこだわったバレンタインアイテムだ。このチョコ色麺がチョコ味かどうかは、お湯を捨てたときに試せるチャンスがやってくる。そんなことよりも、実際の麺はどうなのという方にあらかじめネタばれをしておくと、スイーツとしての完成度を上げるために麺の工夫は入っている。

ソースが2種類、かやくが1種類。ソースは甘いもの、ウイーツの香りを強化した甘さ控えめなものの2種類。かやくは謎チョコの1つだけ。焼きそば定番のキャベツ、野菜類のかやくはなし

ソースが2種類、かやくが1種類。ソースは甘いもの、ウイーツの香りを強化した甘さ控えめなものの2種類。かやくは謎チョコの1つだけ。焼きそば定番のキャベツ、野菜類のかやくはなし

 お湯を捨てたら、ソースとあとのせかやくをのせる。ソースは2種類。メインの一平ちゃん屋台のやきそばソースは、スイーツとしての完成度をあげるもの、ココアとシナモンの香りを強くしてあり、高級スイーツ感をやきそば麺に与えてくれる。このソース自体は決して甘いもソースではないが、香りが甘いイメージをもたらしてくれる。もうひとつのチョコソースは、かなり甘さを控えめにしたチョコソース。これは想像どおりのもので、チョコソース。甘いのはちょっと…と思ってチョコソースをかけないと、味がまとまらないので、ここはすべてを絞り出す。
 かやくは謎チョコキューブのみ。キャベツなどの野菜類は含まれていないので、この一平ちゃんは焼きそばではないと捉えれば食べやすくなる。

完成品。色合い的には不思議と焼きそば。匂い抜きでここだけ見れば、よくあるソース焼きそば。

完成品。色合い的には不思議と焼きそば。匂い抜きでここだけ見れば、よくあるソース焼きそば。

 焼きそばソースをからめた段階で、高級スイーツを思わせるシナモンの香りが漂ってくるので、そこには焼きそばの存在はすでにない。さらにチョコソースと謎チョコキューブであらたなスイーツができあがった。

 みなさんの求めているものは、この味はどうなのということだと思う。これは、商品の捉え方次第。おはぎやお汁粉をご飯の代替として認めない方には、一平ちゃんチョコソースは焼きそばではないと捉えることになるだろうが、おはぎやお汁粉はご飯の代替として認められる方、もしくは、おやつとして割り切れる方にとっては、一平ちゃんチョコソースは新たなスイーツ。少なくとも、バレンタインアイテムとしてとらえれば、完成度の高い商品なので、気持ちよく楽しむことを試みてほしい。


お店で選ぶ

新作履歴