レビュー:やよい軒のすき焼き定食、ワンランク上の価格で生卵付き、味は濃いめ

うどん・そば,やよい軒,プレート・定食・膳,期間限定商品,鍋もの (2016/11/04 23:11:15)

やよい軒の「すき定食」。890円。

やよい軒の「すき定食」。890円。

最初はやよい軒の「すき焼き定食」やよい軒としては標準よりちょっと高めの890円。ほかのブランドからみると、ワンランク上の価格帯で、気分がいいときに食したくなるすき焼き定食だ。
 やよい軒は、しっかりとした味が主流で、今年のすき焼き定食も同様。醤油ベースに砂糖をブレンドした関東ならではの濃いすき焼きになっている。具材は牛肉、白菜、豆腐、しらたき、うどん、ニンジンと青菜もトッピングが高級感を出している。具材を並べると、野菜が多めでヘルシーっぽく感じるが、実際のトライすると野菜よりも肉の分量のほうが目立ち、野菜に比べて肉が多いかなという印象がある。逆に、すき焼きの甘辛いたれにどっぷりつかった野菜を期待している場合は、少し物足りなさを感じる。

見た目以上に肉が多め、野菜少なめ。

見た目以上に肉が多め、野菜少なめ。

 やよい軒はのすき焼きは、コンロで火をいれながらあつあつを食べるパターンではないので、膳が出てきたら時間との闘いになり、どんどん冷めていくすき焼きとなる。多少熱さがやわらいだあたりが食べごろの豆腐やうどんは後回しにして、肉と白菜のを中心に生卵とからめて食を進めていくとよさそう。しかも、しっかりとした味付けなので、たまごにしっかりからめて食していれば、飽きがこないで箸が進む。
 肉が1/3から半量程度になったら、うどん、とうふ、白菜を濃いめのスープとともみたまごにからめていくと、食が進む。また、すき焼きを食べきってもたまごはまだ残っているので、すき焼きのスープをたまごに加えて、飲み干すのもランチの締めとしてはよさそう。
 価格は890円。関東と関西で味付けを変えているらしいが、本記事は関東版のレビュー。関西在住でやよい軒のすき焼き定食にトライした方の中で、レポートをいただける方は本編集部まで。

【11/1】やよい軒、すき焼き、チゲ、しょうが鍋と5つの鍋定食を新発売

<公家幸洋>


お店で選ぶ

新作履歴