【9/27】六本木に“お菓子な交差点”が出現! パンダ絵師あごぱんによる「あごぱんCafe」がオープン

期間限定ショップ,開店 (2016/09/27 12:09:46)

パンダ絵師あごぱんが描いたパンダで埋め尽くされた「あごぱんCafe」

パンダ絵師あごぱんが描いたパンダで埋め尽くされた「あごぱんCafe」

 アマンドは、創業70周年企画の一環として、アマンド六本木店を「あごぱんCafe」に改装、本日より10/23までの期間限定でオープンする。

 アマンドは、洋菓子と喫茶の老舗として知られる名店。1964年に六本木交差点にオープンして以来、“待ち合わせといえばアマンド”と親しまれてきた。その六本木店が、パンダ絵師あごぱんプロデュースの「あごぱんCafe」として生まれ変わった。

 テーマは「六本木の街とアマンド」。六本木店の立地を活かして、「ここはおかし(お菓子)な交差点」として六本木の街をお菓子で表現し、老若男女さまざまなパンダで店舗をラッピングした。オリジナルのランチョンマットやコースターが登場するほか、限定スイーツなどの販売も予定している。

 あごぱん氏は、パンダで表現できるものにはすべてパンダを描く“パンダ絵師”。「リキテックスアートプライズ2014」では準グランプリを受賞した。

■あごぱんCafe
住所 東京都港区六本木6-1-26 アマンド六本木店
期間 9/27~10/23
営業時間
月・火・水・日・祝 10:00~23:00
木・金・土 10:00~27:00
席数 74席


お店で選ぶ

新作履歴