【9/13】モスのご当地バーガー、今年は岩手の「じゃじゃ味噌チキンバーガー シャキシャキねぎのせ」と徳島の「パリパリれんこんチキンバーガー 甘辛だれ」

サラダ,サンド・バーガー・パン,チキン,モスバーガー,新作,期間限定商品 (2016/09/13 11:09:37)

岩手の「じゃじゃ味噌チキンバーガー シャキシャキねぎのせ」(左)、徳島の「パリパリれんこんチキンバーガー 甘辛だれ」(右)

岩手の「じゃじゃ味噌チキンバーガー シャキシャキねぎのせ」(左)、徳島の「パリパリれんこんチキンバーガー 甘辛だれ」(右)

 モスバーガーでは、本日より11月中旬まで「じゃじゃ味噌チキンバーガー シャキシャキねぎのせ」と「パリパリれんこんチキンバーガー 甘辛だれ」を、2月上旬まで人気サイドメニューをセットにした「モスチキンセット」を、3月下旬まで「こだわり野菜のサラダ 和風ドレッシング<減塩タイプ>」を全国のモスバーガー店舗で期間限定販売する。

 今回新登場する「じゃじゃ味噌チキンバーガー シャキシャキねぎのせ」は岩手県矢巾店、「パリパリれんこんチキンバーガー 甘辛だれ」は徳島県鳴門店が考案したメニューだ。

 モスは昨年、ご当地メニュー開発の一環として「地元の名物」をテーマに全国のモススタッフからメニューを募集し、「中津からあげバーガー レモン添え」と「釧路ザンダレバーガー 甘酢たれ」を販売した。

 今回も全国からレシピを募り、「選抜!直火焼きチキン祭」をテーマに、盛岡三大麺である「じゃじゃ麺」をイメージした「じゃじゃ味噌チキンバーガー シャキシャキねぎのせ」、れんこん畑からアイディアを得た「パリパリれんこんチキンバーガー 甘辛だれ」を発売することとなった。

 「じゃじゃ味噌チキンバーガー シャキシャキねぎのせ」は、バンズにレタス、直火焼きチキン、ななめ切りにした長ねぎを挟み込み、たっぷりのじゃじゃ味噌ソースを合わせたバーガー。単品価格は430円。

 じゃじゃ味噌ソースは、豚ひき肉、玉ねぎ、シイタケ、ごぼう、ニンジンなどの7種の野菜と、甜麺醤、コチュジャン、黒酢、ごま油などを合わせて作ったモスオリジナルのピリ辛ソースだ。ジューシーなチキン、シャキシャキの長ネギ、具材感があるソースの食感がたのしめる一品。

 「パリパリれんこんチキンバーガー 甘辛だれ」は、レタス、直火焼きチキン、きんぴら、パリパリに揚げたれんこんチップスを合わせたバーガー。きんぴらは、ごぼう、ニンジン、ぶなしめじなどを使用し、薄めのやさしい味わいに仕上げてある。れんこんチップスは一枚ずつ薄衣をつけて揚げてあり、甘さやパリパリの食感がたのしめる。単品価格は430円。

 味の決め手となるソースは、和風の甘辛ダレを採用。濃口、薄口の2種の醤油をブレンドし、清酒、本みりん、塩麹をあわせ、ゆずの風味をつけて、隠し味に粗挽き唐辛子とブラックペッパーを加えてある。れんこんと風味豊かなソースが絶妙にマッチした一品だ。

こだわり野菜のサラダL 和風ドレッシング

こだわり野菜のサラダL 和風ドレッシング

 同時発売の「こだわり野菜のサラダ 和風ドレッシング<減塩タイプ>」は、秋冬用の季節のサラダで、今回は新たにレッドキャベツスプラウトを加えた。レッドキャベツスプラウトは、アントシアニンを含んだレッドキャベツの新芽だ。

 これまで、ハンバーガーとサラダを組み合わせた「サラダセット」は1サイズのみだったが、今回は、SサイズとLサイズの2タイプから選択できるようになった。Lサイズは、Sサイズの約1.5倍のボリュームがある。

 単品価格は、Sサイズが240円、Lサイズが300円。ハンバーガーとドリンク、サラダのサラダセットは、Sサイズがハンバーガー+440円、Lサイズがハンバーガー+480円。

 「モスチキンセット」は、サイドメニューとして人気のあるモスチキンとMサイズのドリンクのセットで、価格はハンバーガー+480円。


お店で選ぶ

新作履歴