【11/16】駅の立ちそば「あずみ」に、今年も千葉県産猪肉を使ったジビエメニュー「千葉県産猪そば」復活

うどん・そば,そば処あずみ,期間限定商品 (2015/11/16 11:11:31)

千葉県産猪そば

千葉県産猪そば

 JR東日本のエキナカを中心に展開するそば処「あずみ」は、本日から1/17までの期間限定でジビエメニュー「千葉県産猪そば」の販売を開始した(なくなり次第終了)。

 「千葉県産猪そば」は、千葉県産猪肉、千葉県産長ネギ、卵をすき煮風にし、千葉県産わけぎを添えた温かいお蕎麦(一部店舗ではうどんも提供)。価格は、650円または680円(店舗によって異なる)。販売店舗は、乱切りそばあずみ、二八そばあずみを含む7店舗。

 メニュー監修は、「信州ジビエ THE★鹿肉バーガー」や「信州鹿肉ジビエカレー」の開発も手掛けた、特定非営利活動法人日本ジビエ振興協議会理事長の藤木徳彦氏。彼は、長野県茅野市にあるオーベルジュ・エスポワールのオーナーシェフでもある。

 同チェーンを運営するジェイアール東日本フードビジネスでは、地域再発見プロジェクトの取り組みの一環として、鳥獣被害対策で調達されたジビエを活用したメニューをベッカーズ、ベックスコーヒーショップなどでも販売している。「あずみ」が猪肉を使ったジビエメニューは、昨年に続き2年目。


お店で選ぶ

新作履歴