レビュー:牛すき鍋定食(すき家)は野菜多めのあっさり味。福神漬の1皿がうれしい680円

すき家,ステーキ・ハンバーグ・肉,プレート・定食・膳,期間限定商品,鍋もの (2015/11/03 19:11:32)

控えめの味と多め野菜でヘルシー志向が強くなった牛すき鍋定食

控えめの味と多め野菜でヘルシー志向が強くなった牛すき鍋定食

 2015年秋の牛すき鍋メニューが開始。すき家の牛すき鍋定食は、野菜多めのあっさり味がすき家らしからぬ定食となった。

 昨年の各社の牛すき鍋系メニューは、どんぶりランチ店舗の傾向として、しっかりとした濃い味付けが多かったが、今年は控えめで落ち着いた割下になっている。

 すき家の牛すき鍋定食は、盛りだくさん感のあるすき焼き定食。メインのすき鍋は、肉にうどん、豊富な野菜を煮込んだヘルシーメニュー。肉好きには少し物足りないかもしれないぐらい、肉よりも野菜が目立つ。野菜が多いだけに、煮込んでいっても野菜の水分であっさり目でヘルシーな味が最後のほうまで続くので、がっつりとした味が好みであれば、しばらくは福神漬けとご飯で煮込む時間を確保しながら、割下が煮込まれていくのを待つといい。牛すきの具を生卵にからめると、さらにがっつりとした味を感じにくくなるので、大盛にたまごを1つ追加オーダーして、鍋が煮込まれる間はおきて破りで生卵をごはんにかけてご飯で時間稼ぎをするのもわるくない。なお、肉自体にも強い味付けはしていないので、ヘルシーな定食としてきちんと完成している点は女性にもうれしい。また、福神漬の1皿がついているので、これが箸休めにいい。割下で口の中が甘じょっぱくなったときに、福神漬でリセット。再び肉に手が伸びることまちがいない。

 すき家の牛すき鍋の特徴は、すき焼きを強く意識している点。定番の白菜、玉ねぎ、青ねぎ、白ねぎに加えて、人参、しいたけ、豆腐ですき焼きのイメージを強く押し出した。さらにダメ押しで、白滝も鍋の具材に加わっているので、気軽に食せるすき焼きのランチとしてとらえてもいい。

 この牛すき鍋定食、並盛で680円。ごはん大盛りで710円。いいことがあったときのランチや、パワーをつけたいときのランチにどうぞ。


お店で選ぶ

新作履歴