食べても、飲んでも、チャージしても、ポイントが貯まる「ドトールバリューカード」、今日からサービス開始

ドトールコーヒー,新サービス・新商品 (2015/05/29 08:05:48)

ドトールバリューカード

ドトールバリューカード

 ドトールコーヒーは、ドトールコーヒーショップで利用できる「ドトールバリューカード」を本日より順次開始する。新カード導入に伴い、従来のポイントカードの新規加入、ドリンクチケットの販売は終了となる。

 「ドトールバリューカード」は、チャージした金額の範囲内で、飲食や商品購入に利用できる、非接触ICチップを搭載したプリペイドカード。カードの発行手数料として1枚300円必要となるが、カード購入時に300ポイントがプレゼントされるので、実質的には無料。またカード年会費も無料だ。なお、カードの有効期限は、最終利用日から3年となっている。

 チャージは、1,000円以上、1,000円単位で、残高上限は30,000円。2,000円以上チャージすると、チャージ金額の5%分がボーナスポイントとして付与されるほか、同店で商品を購入すると、その金額の1%分がボーナスポイントとなる。貯まったポイントは、10円10ポイント単位で利用可能。ポイントの有効期限は最終利用日から1年。

 気になるチャージ方法だが、2通りある。1つは店頭での現金支払いで、もう1つはウェブでのクレジット支払いだ。クレジットチャージする場合には、ドトールバリューカード会員マイページ「マイドトール」への事前登録が必要となる。

 「マイドトール」に登録すると、PCやスマートフォンからのチャージだけでなく、残高や利用履歴を照会することができるようになる。また、年間の購入金額に応じて、会員ランクがシルバー、ゴールド、プラチナへとアップ。会員ランクがアップすると、購入金額に応じて付与されるボーナスポイントが増えていく。年間購入金額が2万円を超えるとゴールド会員に、5万円を超えるとプラチナ会員になれる。

 取扱店舗は、本日からが駒沢大学駅前店、6/10に新横浜駅前店、6/12にシャポー市川店と、同日オープンする草加駅西口店、6/15にオープンする麹町4丁目店となっており、全店導入は10月を予定している。

 「ドトールバリューカード」は、株式会社ドトールコーヒーと三井住友フィナンシャルグループの株式会社セディナとの提携により実現。

 「マイドトール」会員登録と、ドトールバリューカードについて詳しくは、専用ページを参照のこと。


お店で選ぶ

新作履歴