すっぱい系、さっぱり系、濃厚系、どれを選ぶ? 夏だから食べたくなる冷し麺3種

ラーメン・冷麺・麺類,揚州商人,期間限定商品 (2015/05/11 07:05:22)

冷し黒酢麺」(前列右)、涼風鶏そば(前列左)、冷しタンタン麺(後列)

冷し黒酢麺」(前列右)、涼風鶏そば(前列左)、冷しタンタン麺(後列)

 中国ラーメン専門店「揚州商人」が、冷しシリーズ第一弾として、昨年3種合計で6万食を突破した「冷し黒酢麺」(910円)、「涼風鶏そば」(910円)、「冷しタンタン麺」(910円)の販売を開始した。大盛りも無料。

 揚州商人は、ホイッスル三吉が首都圏でチェーン展開する中国ラーメン専門店。その揚州商人では、桜前線が通過し、梅雨に入る前のこの時期、日中最高気温が23度を超える頃を「冷し麺前線」と称し、夏季限定の中国冷し麺を提供している。

 その第一弾として投入されたのが、中国黒酢トップブランドの鎮江香酢を使った「冷し黒酢麺」、塩味さっぱりの「涼風鶏そば」、同店で人気No.2のタンタン麺の冷しバージョン「冷しタンタン麺」だ。

 すっぱい系、さっぱり系、濃厚系と、それぞれ異なる味わいの冷し麺、今日はどれが食べたい気分?


お店で選ぶ

新作履歴